LINEの「友だちかも」はトモダチになれるの?

《20代後半》
直接会ったり話したことのないが友達の友達がLINEの「友だちかも」の欄に何人かいて、さらに友達からその人のことを多少聞いたことがあったので思い切って友だち追加して
連絡を取ってみた。いきなり馴れ馴れしく会話しだしてもブロックされると思ったので共通の友達のことを出しながら軽い自己紹介風にLINEしてみたら何人かから返信が来たので、そのままLINEのやり取りを少し続けてから直接会って遊ぶ約束をすることができた。そのやり方で何人かの新しい友達・友人ができ、さらにそのうちの何人かはさらに仲の良い関係にもなった。しかし、仲が良くなった人もいれば、あやしまれていきなりブロックされたこともあったので確実にうまくいく出会い方ではないと思うし、下手したら今いる友達ともややこしい状態になる恐れもあった。

《20代後半》
友達かもというところから友達登録を行い、はじめましてみたいな感じでラインをやりとりして、お互い、いい感じみたいになったら会いましょうみたいになりました。友達の友達の関係からだから信用できるし、自分のことも知ってもらいやすかったです。実際に会うとなるとハードルが高いと思い、まずは通話でしばらくやりとりをしました。相手の声を聞きながら会話をすることができるので、文字のやり取りよりも相手を信じやすくなりました。通話のやりとりを一週間に一回から二回くらいして、いよいよ実際に会うという話になりました。ラインでは写メでしか相手を確認することができなかったため実際に目で確認できてすごくうれしかったです。声も通話のままだったので緊張もあまりしなかったし、ラインと同じような雰囲気でご飯を食べました。

《30代前半》
友達に入ってきた方の名前が友人と同じだった為、何の疑問も感じずトーク追加し話してる内に同性同名と気づいたが話が合い、返信を待つ位、面白く楽しかった。
そういうやりとりを一ヶ月弱して相手の方のまじめさにも魅力を感じたので食事だけとお互いに話し、少し遠かったが楽しみにして会いました。
ラインでやりとりしていた通り直接会って話してもゲラゲラ笑い会う程、気が合いまた会おうと約束し別れ、それ以来、お付き合いさせて頂いてます。
ですが、恋愛感情などお互いになく、悩み相談、これは面白いなどドラマの話しなどしたり、テーマパークやショッピングモールはここが良いよなど本当にくだらない話ばかりですが、息抜きにもなり、ストレス発散にもなってます。

《30代前半》
私の出会った経験談ですが、LINEの友達かも…という機能で知らない子だったのですが、友達登録をして話し合う中で仲良くなって会いました。最初、友達かもと言う機能がよくわからなかったですが、ボタンを押すだけで友達になれたと思ったのでとても嬉しかったです。コメントは私からしたのですが、直ぐに返信が返ってきたのでそれも嬉しかったです。話してみると趣味や好きな食べ物も一緒で面白かったので会う約束をしました。ラインだと気軽に連絡を取り合え、私も防御が弱くなってしまう所がありました。LINEの掲示板にも顔を出しましたが、気さくな方が多く持ち上げてくれる方が多いのが印象です。なんかホストクラブに行ってるみたい(笑)これからも楽しい出会いを求めて楽しみたいです。

《20代前半》
LINE機能の友達かもに知らない人が出てくることってあるかと思います。おそらく共通の友達の友達の友達、、、という見ず知らずの人である可能性が高いですが、その見ず知らずの人からいきなりLINEが来たのです。最初は出会い系目的のLINEだろうと思っていましたが、話をきいているうちに同い年、同じ大学出身であることがわかりました。大学と言っても広いもので、学部学科が異なれば一度も話をしたことがない人なんて山ほどいます。相手の方から写真も送られて来ましたが、全く知らないのもそう言った理由があるからだと思います。更に驚きなのは自分の弟と名前が同じだったことです。LINE上で名前を呼びあうのは少し躊躇いがありました。会ってみたい気持ちはありましたが、社会人になる時で県外に出ることになってしまったわたしはなにも行動に起こせず、終わってしまったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です