ID掲示板から実際に出会う方法って?その4

《30代前半》
LINEのIDを交換する掲示板は、大手のSNSならサークルがいくらでもありますから、まずそこからIDを大量に入手します。勿論LINE専用のID交換掲示板も利用します。IDの登録をしたら、メッセージ機能やスタンプを多用したり、一番引っ張れるのは、LINEのゲーム(ディズニーツムツム・バブル2・レンジャー)などに勧誘メールをだしまくって、ゲームにお誘いするのが一番です。ゲームの機能で連帯感が生まれるし、ナンパ目的というのが隠せますから!

《20代前半》
LINE掲示板を利用して、同じ趣味(アニメ)を持つ女性と出会うことが出来ました。
私は中学生の頃からアニメが好きになり世間的に「アニメヲタク」と呼ばれる分類に仲間入りしたのですが、なかなか周りにアニメの話を理解してくれる人はいなく孤独な日々を過ごしてきました。
さすがに二十歳を過ぎ、もう少し友達が欲しくなったので掲示板に「アニメ好きな同性の方募集しています」と書き込んだ所、同じような悩みを持つ女性と出会うことができました。
現在、実際に会ってから2年ほど立ちますが1番の親友とも言える大切な存在になりました。
その方に出会えたおかげで行きたかったらライブにも気軽に行けるようになったし好きなことを共有できるお友達が出来て幸せな日々を送ることができています。

《20代前半》
大学に入学するも、なかなか趣味の合う友人と出会うことができず思い切ってLINE掲示板で友人を見つけることにしました。ひとりひとりのプロフィールを見て、趣味が合って、近くに住んでいて、できる限り同世代の同性を探しました。プロフィールに嘘偽りがないか確認するため、一度QRコードを読み取って、アイコンや登録名などをチェックしました。そして何人かに友達申請を送りました。それからその何人かとLINEでメッセージを送りあっているうちに、1人が近くの大学に通う学年がひとつ上の女性だとわかりました。話も合うし、すぐに最寄りのアニメショップで会うことになりました。彼女はLINEのアイコンを自撮りにしていたので、すぐに見つけることができました。初めはお互い緊張していてぎこちなかったですが、だんだんと打ち解けて、今では一緒にイベントに行ったりするようになりました。

《30代前半》
LINEの掲示板に登録をして、まずは軽い友達を探すつもりではじめた。最初は暇つぶし程度に軽い気持ちでやり取りをした。だが多数の人とのやりとりのなかで、同業者の方など沢山出会うことができた。そんな人との会話は仕事の相談や、アドバイスなどをやり取り、軽い友人よりも頼もしい出会いが出来たように思う。LINEでの出会いは、恋愛と決めつけられている感じがしていたがそんなことはない。
恋愛相手以外の相手を見つけられるというのは、とても新鮮で楽しくもあった。そんな相手とは何度も顔を合わせるような間柄にはなっていないが、いまでも時々仕事のアドバイスをもらったり、こちらからアドバイスしたりと、とても良い関係が築けていると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です